トップページ活動報告担当地区プロフィール問い合わせ
日本共産党大津市会議員団
岸本のり子ブログ



滋賀県
大津市
Noriko Kishimoto

ごあいさつ

 大津市北部の旧志賀町域に突然おこった大型産廃処理施設計画。
 私は、一人の母親として微力ながら白紙撤回運動に参加しました。その運動を通して日本共産党と出会い、「命を大切にする党」に共感し、その一員としてがんばることにしました。
 そして、2006年の大津市との合併で旧志賀町がおこなってきた中学校給食、通学費の全額補助、防災行政無線など細やかな施策・サービスが次々と廃止されようとする中で行政と議会のありかたに疑問をもちました。全国の約80%が“教育の一環”として実施している中学校給食は大津市全域に広げることこそ必要です。
 南北45キロメートルと細長い大津市で、どのようにして行政のサービスを行きとどかせるかは常に大きな課題となります。弱者がどんどんと切り捨てられていく今の政治を少しでも変え、子育て世代を応援し、みなさんの暮らし、福祉を守るために一生懸命がんばります。ご支援よろしくお願いします。

岸本のり子(きしもとのりこ)


暮らし支える市政を
子育て応援
@中学校給食を全市で実現。
旧志賀町給食調理場写真  志賀中学校は給食を実施しています。数年前に新築した給食調理場を、大津市では中学校給食がないというだけの理由で廃止の予定。せっかくあるものを壊すのではなく、全市に広げるべきです。
 「スクールランチ」ではなく、食育としての給食の実現をめざします。
A30人学級の実現。
B中学校卒業までの医療費無料化。
C通学補助の全額支給を。

暮らし安心の市政を
@国保料の一人1万円引き下げ。
A介護保険料・利用料の負担を軽減。
B公共交通の充実で生活の足を確保します。

旧志賀町のよい施策を活かす
@小学校給食の自校方式の復活。
A30人学級の実現。
B今ある防災無線の活用を。
C木戸庁舎を本庁舎機能を備えた総合支所に。
憲法9条を守る
HOME  |  議会活動報告 | 担当地区 | プロフィール | 電子メール